旅から旅の着物掲示板です。着物の事なら、どんなことでも書いてください。画像も添付できますよ。ただし、商業目的や不適切な投稿はお断りします。投稿を削除させていただく事もあります。議論の出尽くしたころを見計らって、原文のまま、「過去の着物相談」へ移しています。画像もできるかぎり、載せていますが、お顔のはっきり写った写真は割愛させていただいています。。。と今までは書いていましたが、この着物掲示板でもお顔のはっきり映っているお写真は削除させていただくことになりました。よろしくご了承ください。最後になりましたが、メールアドレスは入力後「非公開」とされますよう、お願いします。また、お時間の許すときにでも「過去の着物相談」も読んで見て下さい。目次ページから行く事もできますし、この下の項目からも行くことができます。(追記)最近、英語名での宣伝行為が目立つようになりました。それで、いろいろと試しているのですが、なかなか効果がありません。そこで申し訳ないのですが、画像の添付、ホームページアドレスの入力、記入はお断りさせていただくこととしました。では、またね。(旅)
  新規投稿 ┃ ツリー表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ 過去の着物相談へGO! ┃ HP  
16 / 71 ツリー ←次へ | 前へ→

卒業式の袴について(ゆうきくんのコーナーから) 旅から旅 07/2/4(日) 12:04

  続き。 yoshi 07/2/6(火) 10:29
 ┗ Re:続き。 雪割小桜 07/2/6(火) 19:01
 ┗ Re:続き。 yoshi 07/2/7(水) 20:58

続き。
 yoshi  - 07/2/6(火) 10:29 -

引用なし
パスワード
   さて、続きです。

>袴に話を戻すと、
>個人が日常生活で袴を付けるのは、校則や地域の規定に添うのか
>反するのかは
>違うと思います。
>違うと思ってもその考えは個人のもので、語り合っても
>平行線と言うか
>目隠しをして違う部分のゾウの体の部分を触って「ゾウは長い」だの
>「ゾウはゴワゴワ」だのといっているように思えます。
今は人が何を言おうと何を着ても自由ですが、江戸時代は、
髪型や衣服で性別・身分・既婚か未婚かなど、一目で判る
様な決まりがあったという事は、ご存知だと思います。
明治に入ってもそれは残り、奥様と呼ばれる人やおかみさん、
使われる人に(職業婦人と呼ばれる様な人を含め)教師や
学生に、と違いがありましたから…(袴は穿きたいといって
穿けるものでは無かった…かと。)

女学生などの袴姿も大正位までで、制服は活動的な洋服・
セーラー服に代わったとか。
実際にも、明治40年産まれの姑の大正に入ってからの
男児も女児も全員袴姿の尋常小学校と、裁縫女学校の卒業式
らしき黒紋付に袴姿の写真があります。
その卒業の頃・大正末に産まれた母の時にはすでに、都会と
あって小学校も洋服なら、女学校の制服もセーラー服。
お式の時だけは、黒紋付に袴だったそうです。

こんな風に昭和になると、女教師以外は袴を穿く事は無い
時代になり(母の記憶では、電話交換手は穿いていたそう
ですが)、
もんぺを穿かざるを得なかった戦中を経て、戦後はもう
(卒業)式の時にしか見かけない姿となりましたが…。
そうした社会全般の意識の様なものは、何となく残って
いて、だから普段に普通の人間が穿いていると、違和感が
ある。
あくまで独断と偏見ですが、その様にも考えます。


母は太平洋戦争突入前に女学校を卒業し、洋服を着た
ものの洋裁の他に和裁も習い、自分で洗い張りをし仕立て、
普通に着物を着た最後の世代になるかと思います。
それ以降となると、着物どころでは無かった戦中そして、
貧しく混乱の終戦後を経て、昭和一桁産まれの、弟の
お嫁さんのお母様など、もう着物も着られないそうです。
主人の姉も上の姉は同じ世代、習わずに着物を着ましたが、
下の姉達はすでに、着付け教室などに通ったそうです。

勿論個人差はありますが、実を言うとこの辺りの私の世代でも、
幼い頃から折に付け着る機会があった人も、話を聞くと
(まず)いませんし、
(私は結婚三年ほどですが)普段に着物を着た経験がある人も、
住む街ではもう一人、二年上の先輩がいらっしゃるだけです。
ですからましてやその下の世代である人達は、着物はもう
身近なものでは無く…こうした記憶といいますか、意識も
少しずつ違って来ているのでは?とは、ネットを始めてから
感じている事です。

30過ぎの人の振袖、ましてや中高年が振袖には「…」ですし、
普段浴衣に下駄は足袋など野暮、普段履きである別珍足袋を
余所行きに?、留袖ならず黒喪服に帯留め……。
こうした様々な違和感は…母を含め周囲から(雑誌なども含め)
知らぬ間に、そんなものだと身に染みた事ですが、そうで無け
れば、なぜ?と疑問に思われる事だと思います。

勿論、受け入れられる事も多いのですが、こうした意識を
替えるのは今となっては私には…ちょっぴり難しい事ですし、
平行線といえば平行線。
今は自由な時代ですから、そこまでお考えになるのなら、
例え私の様な人間が「?」と思おうと、何を言われようとも
ご自由にされれば宜しいのではと、思います。

ただ、逆にこんな風に感じるのが物を知らないからと、
そんな風にはどうか思わないで下さい、お願い致します。

長々と申し訳ありません。
こんな風に書くと…多分猛反発を感じられるのだろうなと
思いつつ、それでも旅さんの掲示板だから思い切って、
書き込んでしまいます。
本当に失礼致しました。<(_ _)>
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)@pro.tok2.com>

Re:続き。
 雪割小桜  - 07/2/6(火) 19:01 -

引用なし
パスワード
   ▼yoshiさん:

>女学生などの袴姿も大正位までで、制服は活動的な洋服・
>セーラー服に代わったとか。
>実際にも、明治40年産まれの姑の大正に入ってからの
>男児も女児も全員袴姿の尋常小学校と、裁縫女学校の卒業式
>らしき黒紋付に袴姿の写真があります。
>その卒業の頃・大正末に産まれた母の時にはすでに、都会と
>あって小学校も洋服なら、女学校の制服もセーラー服。
>お式の時だけは、黒紋付に袴だったそうです。
>
>こんな風に昭和になると、女教師以外は袴を穿く事は無い
>時代になり(母の記憶では、電話交換手は穿いていたそう
>ですが)、
>もんぺを穿かざるを得なかった戦中を経て、戦後はもう
>(卒業)式の時にしか見かけない姿となりましたが…。
>そうした社会全般の意識の様なものは、何となく残って
>いて、だから普段に普通の人間が穿いていると、違和感が
>ある。
>あくまで独断と偏見ですが、その様にも考えます。

興味深いお話をありがとうございます。
同じ時代を生きてきても、その時代のとらえ方は、人によって変わってくるものだと思います。
例えば、札幌のとある着物屋の70代のおかみさんは、帯締めの丸組=丸ぐけというご理解をなさっています。彼女の理解では、丸組=丸ぐけは礼装用で、平組は略式だそうです(彼女のお店には、当然、高麗も置いてあるのに、ですよ〜〜〜。)。
一方、最新版の家庭画報の『きものの装い決定版』からは、ミセスの礼装用の帯締めから、それまでは礼装用としても掲載されていた、丸ぐけ 丸組の帯締めが、ついに、両方共に、完全に消えてしまいました。ミセスの礼装用の帯締めは、平組だけが、記載されています。

それだけに、70代のおかみさんのおっしゃることも、『きものの装い決定版』の記述も、このスレッドに、そしてこちらより以前のスレッドに、yoshiさんが書いて下さっていることも、時代をとらえた様々な証言として、どれもみな、大変貴重なものだと思います。
私は、書いて下さっているyoshiさんに、心から感謝したい。
ありがとうございます。


>30過ぎの人の振袖、ましてや中高年が振袖には「…」ですし、
>普段浴衣に下駄は足袋など野暮、普段履きである別珍足袋を
>余所行きに?、留袖ならず黒喪服に帯留め……。
>こうした様々な違和感は…母を含め周囲から(雑誌なども含め)
>知らぬ間に、そんなものだと身に染みた事ですが、そうで無け
>れば、なぜ?と疑問に思われる事だと思います。

私も礼装に帯留めは、慶弔共、自分でするには敬遠派。でも、ひとがしていても、それはそれでOK。
足袋も白が好み。それもちょっと小さめをはく心地よさ。でも、ひとが色足袋や柄足袋をはいていても、OK。
こういう神経は、ストレスを感じにくくて、なかなか重宝です。


>勿論、受け入れられる事も多いのですが、こうした意識を
>替えるのは今となっては私には…ちょっぴり難しい事ですし、
>平行線といえば平行線。
>今は自由な時代ですから、そこまでお考えになるのなら、
>例え私の様な人間が「?」と思おうと、何を言われようとも
>ご自由にされれば宜しいのではと、思います。

重複しますが、私個人としては、貴重な証言の記録だと思います。
こういう場を設けてくださっている、旅さまに、深く深く感謝する次第ですm(_ _)m。


>ただ、逆にこんな風に感じるのが物を知らないからと、
>そんな風にはどうか思わないで下さい、お願い致します。

誰もそんなふうには思わないと思いますよ(^^)
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.23; Mac_PowerPC)@pro.tok2.com>

Re:続き。
 yoshi  - 07/2/7(水) 20:58 -

引用なし
パスワード
   雪割り桜さん、こんにちは。
暖かい励まし、ありがとうございます。

ある選挙で、掲示板の書き込みを見ると当然当選…
と思っていたのが、蓋を開けてみると思わぬ大差で対立
候補が当選した事があります。
という様に、ネットの中での話と実際は違う、という事も…。

着物関係の掲示板を7年前に見始めて、今まで当たり前と
思っていた事をご存知無い??
う〜んこれは…書き込みをされる年代が(2),3,40代が
殆どで、50代〜80代の方の、こうした
掲示板への参加が少ないせいかしら?と思った事が
あります。(母も何年か前からメールはしますし、
最近はオークションも見てはいますが、掲示板に書き
込む事はまだ、ありません。)
そこで、もしかしたらこの選挙もそれだったのかしら?、
と独りよがりに、考えてしまいました。

必ずしもネットで書かれた事が、正しいという事では
無く、書かれた事が一人歩きする?と思われる場合も
ありますので、用心をしないとと改めて思った事でした。

ま、他人様の事はいえません、私の書き込みも…。(*^_^*)
しかし違う意見を述べる事は…大変に気力がいる事だけは
確かです。(それでも書き込むのは、母親譲りの、今は
流行らぬ根がお節介だからでしょうか。)
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)@pro.tok2.com>

  新規投稿 ┃ ツリー表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ 過去の着物相談へGO! ┃ HP  
16 / 71 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:  
41394
C-BOARD v3.20e is not Free?