旅から旅の着物掲示板です。着物の事なら、どんなことでも書いてください。画像も添付できますよ。ただし、商業目的や不適切な投稿はお断りします。投稿を削除させていただく事もあります。議論の出尽くしたころを見計らって、原文のまま、「過去の着物相談」へ移しています。画像もできるかぎり、載せていますが、お顔のはっきり写った写真は割愛させていただいています。。。と今までは書いていましたが、この着物掲示板でもお顔のはっきり映っているお写真は削除させていただくことになりました。よろしくご了承ください。最後になりましたが、メールアドレスは入力後「非公開」とされますよう、お願いします。また、お時間の許すときにでも「過去の着物相談」も読んで見て下さい。目次ページから行く事もできますし、この下の項目からも行くことができます。(追記)最近、英語名での宣伝行為が目立つようになりました。それで、いろいろと試しているのですが、なかなか効果がありません。そこで申し訳ないのですが、画像の添付、ホームページアドレスの入力、記入はお断りさせていただくこととしました。では、またね。(旅)
  新規投稿 ┃ ツリー表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ 過去の着物相談へGO! ┃ HP  
13 / 71 ツリー ←次へ | 前へ→

旅さんに質問です やのめ 07/3/7(水) 18:44

  旅から旅です、こんばんは。 旅から旅 07/3/7(水) 19:08
 ┗ Re:旅から旅です、こんばんは。 やのめ 07/3/7(水) 22:57
 ┗ またまた、こんばんは 旅から旅 07/3/7(水) 23:19
 ┗ 京染めやさんならば何軒かありました やのめ 07/3/8(木) 22:23
 ┗ 京染めやさんも、実体のないとこも、けっこう、あるので 旅から旅 07/3/9(金) 14:05
 ┗ ありがとうございました。 やのめ 07/3/9(金) 19:19
 ┗ はい、そうしてください。 旅から旅 07/3/9(金) 22:11

旅から旅です、こんばんは。
 旅から旅 E-MAIL  - 07/3/7(水) 19:08 -

引用なし
パスワード
   やのめさん、こんばんは。

さて、結論的に言いますと、ちゃんとした仕事をする悉皆屋さん、もしくは呉服屋さんに依頼して、ちゃんとした丸洗いをしてもらうのがいいでしょうね。
洗張りは、お奨めしません。
なぜなら、そういう加工を施された着物を洗張りすると言っても、所詮は水に入れられるわけでもなく、解いて揮発(油)洗いをするのが関の山です。
あ、説明不足ですね、そういう加工をした着物は、水に入れると、さっぱりワヤになりますので、水に入れないのです。
ですので、普通に、丸洗いされたらいいと思います。
それから、その袋詰めにする加工ですが、私見ながら、撥水加工と同じぐらい、僕は好きではありません。
撥水加工はちゃんと理由があって好きじゃないのですが、その袋詰め加工は、ちゃんとした理由がないのですが、好きになれません。(笑)

では、またね。(旅)


▼やのめさん:
>こんにちは
>今日は旅さんにお伺いしたいことがあります。
>
>もう着ることがない振袖、たま〜に、風に当ててはいますが、最後に着てから、もう何年も箪笥にしまってあります。
>きちんと洗っておくほうがいいと思うのですが、丸洗いではなく、洗い張りをするほうがいいでしょうか?
>呉服屋さんは、丸洗いして何とかパック(空気を抜いてから、窒素ガスかなにかを封入して密封するそうです)しておくといいですよ。とおっしゃいますが…
>
>振袖は20年ぐらい前の古典調のもので、綸子(五倍繻子?)地に、型染めと手差しの併用の染め、ミシンでの金駒刺繍、箔押し、金彩加工あり、というものです。
>一度、丸洗い?生き洗い?しているはずですが、着付けの練習などにも着ているので、着用回数は割と多いと思います。
>
>どうするのが一番いいと思われますか?
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)@pro.tok2.com>

Re:旅から旅です、こんばんは。
 やのめ  - 07/3/7(水) 22:57 -

引用なし
パスワード
   旅さん、早速のご回答、ありがとうございます。
なんでも洗い張りすればいいというものではないんですね。

なんとなく、『きれいにするなら洗い張り』と思っていたのですが、そうすると、京友禅系の加工(刺繍とか箔とか)のものは、基本、洗い張りは出来ないと思っておくべきなのですか?だとすると、そういった加工自体は昔からあるのに、揮発洗いはせいぜいここ100年未満の洗い方でしょうから、昔はそんなややこしい仕事の晴れ着は、やっぱりめったに洗わないものだったということでしょうねぇ・・・?

ところで、私の振袖もそうですし、仕事で仕立てた訪問着なども、このころ流行ったのでしょうか、金彩加工の物が多かったと思います。中には金彩だけで模様を描いたきものもありました。なんか、ボンドみたいなもので貼り付けてある感じでしたが。
また、留袖に多かったのですが、まるで油絵のような描き方の柄つけのきものもあり、鏝をあてるとベタベタとやわらかくなったりして・・・。
あれはあれで、揮発洗いをしたら溶け出しそうな感じがするのですが、大丈夫なものなのでしょうか???けっこうな枚数縫いましたけれども。

私も旅さんと同じく、何となーく『何とかパック』は好きではないので、丸洗いだけ、お願いすることにします。『ちゃんとした仕事』をしていただけるかは、さて、どうでしょう?

そういえば、私の住む県では、タウンページで『悉皆やさん』を探そうにも、項目自体が目次にないのですが、例えば京都などでは、『悉皆業』という項目があるのですか?
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)@pro.tok2.com>

またまた、こんばんは
 旅から旅 E-MAIL  - 07/3/7(水) 23:19 -

引用なし
パスワード
   ▼やのめさん:
>旅さん、早速のご回答、ありがとうございます。
>なんでも洗い張りすればいいというものではないんですね。
>
>なんとなく、『きれいにするなら洗い張り』と思っていたのですが、そうすると、京友禅系の加工(刺繍とか箔とか)のものは、基本、洗い張りは出来ないと思っておくべきなのですか?だとすると、そういった加工自体は昔からあるのに、揮発洗いはせいぜいここ100年未満の洗い方でしょうから、昔はそんなややこしい仕事の晴れ着は、やっぱりめったに洗わないものだったということでしょうねぇ・・・?
>
えーとですね、むかしは、水のなかに入れてたと思います。
そして、盛大に金箔も水でふやらかして、流れていただろうし(むかしは、箔糊は、でんぷん糊でした)、金駒刺繍は水に入れる前に布からはずして、洗ってから刺繍し直していたと思います。
むかしは、そういう仕事をするひとの手間賃というのは、安かったのでね。
ところがいまは、そんなことをすれば、新品の振袖が買えるぐらい、費用がかかります。ですので、対コストパフォーマンスを考えたら、やはり、揮発(油)洗いするのが、理にかなってると思うのです。

>ところで、私の振袖もそうですし、仕事で仕立てた訪問着なども、このころ流行ったのでしょうか、金彩加工の物が多かったと思います。中には金彩だけで模様を描いたきものもありました。なんか、ボンドみたいなもので貼り付けてある感じでしたが。
>また、留袖に多かったのですが、まるで油絵のような描き方の柄つけのきものもあり、鏝をあてるとベタベタとやわらかくなったりして・・・。
>あれはあれで、揮発洗いをしたら溶け出しそうな感じがするのですが、大丈夫なものなのでしょうか???けっこうな枚数縫いましたけれども。
>

あれは、ほんま、ひどいもんでしたなー。
1回くらいの丸洗いやったら、剥げへんやろけど、2回3回丸洗いをすると、剥げてきますな。

>私も旅さんと同じく、何となーく『何とかパック』は好きではないので、丸洗いだけ、お願いすることにします。『ちゃんとした仕事』をしていただけるかは、さて、どうでしょう?
>
>そういえば、私の住む県では、タウンページで『悉皆やさん』を探そうにも、項目自体が目次にないのですが、例えば京都などでは、『悉皆業』という項目があるのですか?


京都でも、悉皆業としてタウンページに出してはる会社は、少ないです。
「京染め専門」みたいな言葉で探してみやはったら、どないでっしゃろ。
ちなみに、僕とこも、こっちで登録されてますわ。(笑)

では、またね。(旅)
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)@pro.tok2.com>

京染めやさんならば何軒かありました
 やのめ  - 07/3/8(木) 22:23 -

引用なし
パスワード
   こんばんは

洋服を買うときにはタグをよく見て、なるべく洗濯が簡単なものを選ぶ、というのは当たり前にしていることなのですが、きものの場合は、どんな洗濯方法が適しているか、など、考えもしませんでした。何度か着たら丸洗い、何度か丸洗いしたら洗い張り、って思ってました。
数年前に購入した訪問着は、もしかしたら『二三回丸洗いしたら剥げるかもしれない』染め(描き)のような…

ところで、ついでの質問、させていただいてもいいでしょうか。
増量加工で変色してしまった胴裏、表地とともに洗い張りされたものがあるのですが、洗い張りしてあれば、もう一度裏として使っても大丈夫なものですか?
生地はしっかりしていそうなので、表も新しいものではないのだから、出来れば使いたいと思うのですが、過去ログでは、取り替えるほうが良いとおっしゃっていらしたようなので。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)@pro.tok2.com>

京染めやさんも、実体のないとこも、けっこう、あ...
 旅から旅 E-MAIL  - 07/3/9(金) 14:05 -

引用なし
パスワード
   見極めることも、必要やけどね。

▼やのめさん:
>こんばんは

はい、こんにちは。

>
>洋服を買うときにはタグをよく見て、なるべく洗濯が簡単なものを選ぶ、というのは当たり前にしていることなのですが、きものの場合は、どんな洗濯方法が適しているか、など、考えもしませんでした。何度か着たら丸洗い、何度か丸洗いしたら洗い張り、って思ってました。
>数年前に購入した訪問着は、もしかしたら『二三回丸洗いしたら剥げるかもしれない』染め(描き)のような…
>

ひところ、よう、流行ましたなー。
あれは、畳んどいたら、にちゃ〜と、ひっついてみたり、模様のとこだけが重いもんやから、そこだけが飛び出したみたいに見えたりと、いろんな不都合、おましたなぁ。

>ところで、ついでの質問、させていただいてもいいでしょうか。
>増量加工で変色してしまった胴裏、表地とともに洗い張りされたものがあるのですが、洗い張りしてあれば、もう一度裏として使っても大丈夫なものですか?
>生地はしっかりしていそうなので、表も新しいものではないのだから、出来れば使いたいと思うのですが、過去ログでは、取り替えるほうが良いとおっしゃっていらしたようなので。

ま、均質に黄色くなったものは、「黄色くなったのね」みたいにすませることもできますが、増量した胴裏と言うものは、大概は、黄変するあいだに、カビが生えてみたり、汗を吸うたとこが輪ジミになったりで、見た目に汚のうおますやろ?
そやさかい、替えたほうがいいと書いたような記憶があります。

では、またね。(旅)
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)@pro.tok2.com>

ありがとうございました。
 やのめ  - 07/3/9(金) 19:19 -

引用なし
パスワード
   こんばんは

胴裏はもう一度良く確認して、許容範囲!と思えたら使うことにします。
ご回答、ありがとうございました。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)@pro.tok2.com>

はい、そうしてください。
 旅から旅 E-MAIL  - 07/3/9(金) 22:11 -

引用なし
パスワード
   旅から旅です。
やのめさん、こんばんは。

洗い張りをして、再使用できる胴裏というのは、もともと、いい胴裏だったわけです。
僕が知る限り、洗張りをして再使用に耐える胴裏は、福井の羽二重で「白○」という商標の胴裏です。
あえて、商品名を書くのは、みなさんに愛してほしいからです。
ここの胴裏は、今でも品質にこだわって、ものづくりをしたはります。
ところが、中国産の胴裏との価格競争に負けて、生産縮小となってしまいました。
僕はここの胴裏をずっと使い続けたいのです。

ここの機屋さんには、ずっと頑張ってもらいたいものですわ。

では、またね。(旅)
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)@pro.tok2.com>

  新規投稿 ┃ ツリー表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ 過去の着物相談へGO! ┃ HP  
13 / 71 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:  
41400
C-BOARD v3.20e is not Free?