旅から旅の「過去の着物相談室」です。着物掲示板での投稿を、ほぼ原文のまま、掲載しました。ここでは、みなさんは読むだけで残念ながら投稿できません。でも、着物の知識の宝庫として、活用していただければいいなと思っています。また、ここは検索エンジンが使えますので、なにかキーワードを入力するというのも、面白いかもしれません。では、よろしくお願いします。(旅から旅)
  新規投稿 ┃ ツリー表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ 過去の着物相談索引へ ┃ HP ┃ 着物掲示板へGO!  
16 / 242 ←次へ | 前へ→

224 奄美大島へいく
 旅から旅 E-MAIL  - 10/8/22(日) 21:27 -

引用なし
パスワード
   奄美大島へ行こうと思っています 
 はなうさぎ  - 04/11/28(日) 23:45 - 


  前回は、蚊絣の着物についてたくさんの意見を言って頂き有難うございました。まだ、買ってませんが、大島の虜になってるようです。それで、近々、奄美大島に行こうと思ってます。4,5日かけて行こうと思ってます。大島紬をよく知りたいと思っています。どんなふうに周ると良いか、もし行ったことのある方がみえたら教えて下さい!                              はなうさぎ

--------------------------------------------------------------------------------
Re:奄美大島へ行こうと思っています 
 旅から旅  - 04/11/29(月) 13:18 - 


  飛行機ギライの旅から旅です。(笑)
奄美に行かれるとは、うらやましい。
あそこが陸続きなら、僕も行きたいです。

さて、どこに行けばいいかということであれば、
組合に連絡すればいいと思いますよ。
http://www.kagoshima-tokusanhin.or.jp/oshima/o2.htm

ここに行けば、いろんなものを見せてくれるはずです。
ところで、大島紬の勉強だけをされたいのですか?
それとも、ついでに大島紬も産地価格で買いたい、とか?
もし、そうだったら、期待はずれになるかもしれません。
産地に行けば安いというのは、さぁ、どうでしょうか?

それならいっそ、あご足付きでどこかの呉服屋さんのツアーに行かれたほうが、
合理的じゃないかな?

では、またね。(旅)

--------------------------------------------------------------------------------
Re:奄美大島へ行こうと思っています 
 はなうさぎ  - 04/11/29(月) 23:50 - 


  ▼旅さんへ

 目的は、織るのや、泥染めを見てみたいからです。やっぱり好きになると現地にまで行ってしまいたくなるのが自分ながらあきれます。そうですか、飛行機が苦手だったんですね。(笑)私の友人も駄目で船を使ってました。確か、神戸から、奄美まで27時間だったような気がします。値段は思いのほか安く、7から8千円で船ってゆうのもいいなあと、ちょっと思ってます。
 現地の値段は高いのですね。もしかしてどうなのかと思ってたので、そうですか。しかし現地には沢山の機やさんがあるらしいので楽しみです。鹿児島のホームページも見てみたいと思います。
 先日、能を観に行ったのですが観客の中に沢山の大島や結城を着た人たちがみえました。能を観に来る人はかなり粋なのかしらとびっくりしました。でも、お茶会などとの着物のあでやかさとは対照で渋くて、粋な感じに見えて随分と着物の違いで見る側の印象が違うもんだなと、また着物の面白さを感じましたが、能は全く分かりませんでした。                   
                                 はなうさぎ
--------------------------------------------------------------------------------
Re:奄美大島へ行こうと思っています 
 はなうさぎ  - 04/11/30(火) 2:05 - 


  違ってました。船ですが、31時間で、1万3200円でした。
                              はなうさぎ

--------------------------------------------------------------------------------
調べてくれて、ありがとう 
 旅から旅  - 04/11/30(火) 10:32 - 


  でも、船も苦手やったりしてね。(笑)
船と言えば、鹿児島から夜行の船が出てますよ。
夕方乗って、早朝着くそうです。

では、またね。(旅)

--------------------------------------------------------------------------------
Re:調べてくれて、ありがとう 
 はなうさぎ  - 04/11/30(火) 20:27 - 
  ▼旅さんへ

 つい、勘違いで言ってしまって、、ごめんなさい。
                           はなうさぎ

--------------------------------------------------------------------------------
Re:1年程前に行ってきました。 
 ハルウララ - 04/11/30(火) 11:07 - 


  奄美大島、良いですね。
私も大島にドップリとハマリこみ、昨秋に行ってきました。
はなうさぎさん、誕生月はお近くですか?
私は航空会社のバースディ割引キップを利用して、羽田から片道1万1千円の交通費でした。(小型の飛行機なので心配でしたが、快適な飛行でした)
2泊3日の旅でしたが、島内はバスの本数が少なく交通が不便でしたので島の半分くらいしか回れませんでした。
それでも、さんご礁の海底、マングローブ林、大島紬の観光施設等を見て回る事が出来ました。
泥染め体験もできるそうですので、ガイドブックを見て事前に申し込んで見られたらいかがですか?
観光施設の大島紬はとっても高価でした。「東京ではもっとするのよ〜」といわれましたが、その東京在住の私には同じ位の価格に思えました。
安いところもありましたが、品質の面で違うのかもしれません・・・
ただ、数多くの反物を見ることが出来ます。

私も前回できなかった泥染め体験目的に再度、行きたいです。
鹿児島の大島も見てみたいのですが、遠いので満足な日程が取れないのが現状です。
はなうさぎさんとご一緒に行けたら楽しいでしょうね!

--------------------------------------------------------------------------------
Re:1年程前に行ってきました。 
 はなうさぎ  - 04/11/30(火) 21:16 - 


  ▼ハルウララさんへ

 
 返事ありがとうございます。でも、やっぱり奄美大島へ行ってこられた人はいるんだなあと思いました。夢中になりますよね。
 航空券が一万一千円は、安いですね!私は、一万六千五百円でした。(大阪から)今度誕生日近くは気を付けます。
 バスは少ないんですね。泥染めは何かやってみたくなったので、予約してやろうと思います。反物は沢山見れるということで何か嬉しくなってしまいます。
 しかし、大島紬、大島紬と考えていたら、奄美大島は本当に素晴らしく青い海が広がっていて、ついアウトドアの事に目が行ってしまうのが困ってしまいます。沖縄みたいですね。だから、少し、海かトレッキングにも行こうかなっと思ってます。本当は、着物を着て、行こうかと思ってたんですけど、大島紬を持ってなくて、他の紬なので、やっぱりまずいかなあと思いながらいろんなことで、どうしようこうしようと悩んでいます。
 そうですね。もしよろしかったら、今度、奄美大島か、大島紬を着てどこかでお会いするとか出来たら良いですね。
                                  はなうさぎ
 
--------------------------------------------------------------------------------
Re:1年程前に行ってきました。 
 ハルウララ - 04/12/1(水) 22:04 - 


  ▼はなうさぎさん:

こんにちは。
着物で奄美大島ですか・・・素敵な発想ですね。
でも、着物で旅行に行くとしたら、やはり、京都・金沢・鎌倉・・・といった地名が浮かびます。
「Dr・コトー」というTVドラマはご覧になりましたか?
奄美大島もまさにあの雰囲気なんですよ。
名瀬市は商店街ですが、狭いので頑張れば隅から隅まで歩いて回れますし、主要道路は舗装されていますが、繁華街を離れると土の見える台地が多いです。
風が強いと砂埃がすごいのではないかと思いましたし、スコールも多いと聞きました。
私だったら、泥染めも体験したいので身軽な服装で行くと思いますよ。

ところで、旅さんは、飛行機の雰囲気が苦手なのでしょうか?それとも、乗り物酔い?
私は子供の頃から乗り物酔いがひどくて、遠足が嫌いでした。
でも、好奇心旺盛で旅行が好きだったんです。JRのレールの揺れは平気だけど、私鉄の揺れだと酔ってしまったり・・・会社のレールによって違うというのは慣れでしょうか?
旅行もほぼ100%鉄道を利用していましたが、海外にも行きたくなってしまい、飛行機用の長時間効果があるという酔い止め薬を服用してみたら、驚くほど快適でしたよ。
大島大好きだけど、素人の目しかもっていない私は、旅さんのような紬をきちんと見分ける事の出来る方に奄美大島の大島紬も紹介していただきたいなと思っています。
わがまま言ってすみません。

--------------------------------------------------------------------------------
根本的に、飛行機がこわいのです。とほほ 
 旅から旅  - 04/12/2(木) 22:05 - 


  旅から旅です。
飛行機もこわいし、ジェットコースターもこわいです。
もちろん、観覧車もよー、乗れません。
何年か前に、鹿児島の帰りに福岡に寄ったとき、
なんて言ったかなぁ、福岡タワーやったかな?
そのエレベーターに乗っただけで気分が悪くなりました。
さて、余談はさておいて、鹿児島も奄美も基本的には同じ大島紬だと、
僕は思っています。
泥染めは奄美でやっているのだし、織りは奄美やそのほかの島の出身のひとが
やってくれています。
あなたが奄美を愛するように、僕は最初に訪問した鹿児島を愛しています。
いまのところ、僕はひとりしか、愛せないです。
もっと、みなさんが僕に力を与えてくださったら、そのときには奄美や都城も愛せるようになるかもしれないですね。
では、またね。(旅)

-------------------------------------------------------------------------------
Re:泥染め 
 ハルウララ - 04/12/4(土) 16:21 - 


  ▼旅から旅さん:

>泥染めは奄美でやっているのだし、織りは奄美やそのほかの島の出身のひとが
>やってくれています。

まさに目からうろこなお話を聞きました。
大島紬の泥染めは奄美大島が担当していたのですね。
あちらでは短い時間で目移りしてしまい、反物は購入せずにハギレのみをたくさん分けていただいてきました。ハギレなので、伝統工芸品シールの証紙付きのものや大島と言う文字の折柄の入ったものもあったのですが、なぜか地球印のものと旗印のものが・・・奄美でも鹿児島の反物で仕立てる人がいるのかと不思議な気がしていたのですが、やっと謎が解けた気がします。
奄美に出かける前に、こちらのページで証紙の見方その他を勉強していったつもりだったのですが、奄美が泥染め担当とは気がついていませんでした。
本当に勉強になります。

ところで、飛行機ですが、離陸時や着陸時に雲海の切れ目から見える町並みや滑走路に続く明かりは美しく素晴らしいの一語につきると思います。
とはいえ、もしも台風接近中にもかかわらず航空会社が運行を決定しても、私はきっと乗りません・・・そんな恐ろしい体験したくありませんよね・・・

--------------------------------------------------------------------------------
Re:泥染め 
 yoshi - 04/12/4(土) 21:21 - 


  ハルウララさん、始めまして。
横入りご免なさい。<(_ _)>

>大島紬の泥染めは奄美大島が担当していたのですね。
(大島紬の泥染めは、奄美大島の泥でないと駄目だとか。)

さて、旅さんの所で鹿児島の証紙の見方は、詳しく載って
いますから、しっかりと勉強をさせていただきました。
けれども奄美大島や都城の大島紬は、鹿児島の物ほどきちんと
表示されていない…様なのですが。
横双のものも、同じ証紙が付いていましたし…最もこれは古い
物ですから、今では変わっているのかも知れません。

ハルウララさんは実際にご覧になって、どうでしたか?
手織りと機械織りで、証紙に違いがありましたか?
以前から気になっていました、ご存知でしたら教えて下さい。

--------------------------------------------------------------------------------
Re:泥染め 
 ハルウララ - 04/12/5(日) 21:15 - 


  ▼yoshiさん:
はじめまして。

私が着物を買い求めるときの基準というか優先順位があります。
1・絹である事。
2・好きな柄である事。
3・手工芸的な要素が加わっている事。
そんな私ですので、奄美ではどちらかというと証紙よりも柄ばかリ見ていました。
頼りにならなくてすみません。
でも、奄美で手織りの物には、必ず地球印の証紙と織りこみマークがはいっていたと記憶しています。
奄美で機械織りの場合は、地球印以外の証紙のような気がするのですが・・・?

ただ、手織りと機械織りの見分け方については、私も気になっていましたので、
本場奄美大島紬協同組合の資料館を見学させていただいた時に「手織りと機械織りはどうしたらわかりますか?」と、質問してみました。
答えは「手触りでわかります」との事でした。
同じ建物の中では織りあがった反物を検査してして、合格すると、証紙の上から反物にパンチのような穴をあけるそうですので証紙事体は信頼できると思います。

でも、私もうろ覚えなので確実な事がお知りになりたいようでしたら、協同組合に問い合わせたほうが良いと思いますよ。

--------------------------------------------------------------------------------
Re:泥染め 
 yoshi - 04/12/5(日) 23:20 - 

  ハルウララさん、今晩は。

ご免なさい、お手数をお掛けしました。

>でも、奄美で手織りの物には、必ず地球印の証紙と織りこみマークがはいっていたと記憶しています。
>奄美で機械織りの場合は、地球印以外の証紙のような気がするのですが・・・?
私の30年も前のある大島は横双で、残念ながらまずは
間違いなく機械織りと言えますが、実家に残っていた
ハギレには地球印の証紙(パンチ入り)が付いていま
した。
勿論、織りこみの奄美大島も入っていますが、ですから
どうなのかと、ずっと思っていたのです。

旅さんのお陰で大島はしっかり勉強をして、多分、
機械織りか手織りかの判断は…大体の所は出来る様に
なったと思うのですが…。
お店では、旗印は横双や機械織りの反物を(証紙を
見ると、きちんと付いています)見かけますが、
地球印は手織りのものしか、見かけません。
何しろ住んでいるのが地方ですので、見られる数も
それ程ありませんし。

>でも、私もうろ覚えなので確実な事がお知りになりたいようでしたら、協同組合に問い合わせたほうが良いと思いますよ。
(う〜ん、協同組合は…あまり素人相手にこういった事を、
答えてくれないかも知れません。
何年か前、龍郷柄について疑問があり、お尋ねした事が
あったのですが…。恐らく相当数の質問があるでしょうし、
こうした事に一々お答えするのは…。無理の無い事と
思い、躊躇っています。)

奄美に行かれて、実際に織られている所も見学されて、
画面でしか見た事が無いのですが、さぞかし良い経験を
されたのでしょうね。
機会があれば是非一度、私も見てみたいものと、羨ましい
お話でした。

--------------------------------------------------------------------------------
Re:本場奄美大島紬の定義 
 ハルウララ - 04/12/6(月) 22:30 - 


  ▼yoshiさん:
横双=機械織りと思い込んでいらっしゃるのでしょうか?
鹿児島と奄美では別々の協同組合がありますし、それぞれの基準を設けているように思います。

奄美の協同組合のHPを見ると、
大島紬の定義
 ・絹100%です。
 ・先染め手織りです。
 ・平織りです。
 ・締機(しめばた)で手作業により経緯(たてよこ)絣及び
緯(よこ)絣を加工したものです。
 ・手機(てばた)で経緯絣及び緯絣を絣合わせをして織上げた
ものです。>
と、なっています。

そもそも、織り始めてまだ経験の浅い方が、いきなり製品としての経緯絣を織るのは無理です。まず、緯絣の経験をつんでから経緯絣に進むのが筋です。
経験の浅い方が織り上げた緯絣でも、検査に合格したら、証紙に織った方の名前が記載されて”手織り大島”として世にでるのではないでしょうか?
ところで、証紙には織った方の名前が記載されない、地球と∞マークの組み合わさった物があるようですね。

私は着物や手工芸が好きなだけの素人ですが、奄美の紬関係の方は、皆さんとても親切に対応してくださいました。
以前、古着屋で見かけた着物の反物が欲しくて、鹿児島の協同組合に電話で問い合わせをした事もありますが、こちらもとても丁寧に応対してくださいました。
村山大島協同組合の織り体験と藍染め体験にも参加した事があります。
伝統工芸を扱っている方々は、こちらの熱意を示せば皆さんとても親切にしてくださいますよ。
奄美大島は自然に囲まれた素敵な島です。
ぜひ、訪れる機会を作って泥染めにふれてみてくださいね。

--------------------------------------------------------------------------------
Re:本場奄美大島紬の定義 
 yoshi - 04/12/7(火) 17:08 - 


  こんにちは、ハルウララさん。

>横双=機械織りと思い込んでいらっしゃるのでしょうか?
>鹿児島と奄美では別々の協同組合がありますし、それぞれの基準を設けているように思います。
>
>奄美の協同組合のHPを見ると、
>大島紬の定義
> ・絹100%です。
> ・先染め手織りです。
> ・平織りです。
> ・締機(しめばた)で手作業により経緯(たてよこ)絣及び
>緯(よこ)絣を加工したものです。
> ・手機(てばた)で経緯絣及び緯絣を絣合わせをして織上げた
>ものです。>
>と、なっています。
鹿児島の話ですが、横双(緯絣)は勿論手織りが無いとは
言えませんが、殆どが織り絣だと漏れ聞きました。
直接に聞いた話ではありませんが、お店にある反物も実際、
全部この織り絣の赤い印が付いていましたし、減る一方の
貴重な織り手の方達は、やはり同じ手織りの手間を掛けるの
なら、経緯絣を織られるだろうなと、これはあくまで
個人的な考えです。

前の書き込みにも書きましたが、でも奄美大島の大島紬は
経緯絣の反物しか見かけませんでした。ですので、定義の
通りだと思います。

ただ私の若い頃の横双は…母が一枚づつ揃えてくれた大切な
着物の一枚で、心からありがたく思う気持に、変わりが無いの
ですが、その上で残念ながら…耳端近くに織り絣特有の、間違い
ない証拠がくっきり…(手織りでは…。)
ですが、書きました通り、30年以上は経っていますから、
以前と今は、証紙に違いがあるのかも知れません。

ちなみに手織りと書いたのは、旅さんの大島大研究にもある
通り、手で杼(ひ)を投げて筬(おさ)で打ちこむもの、と
思っていますが。
でも手織りと言う紬でも、杼を動力で飛ばすものもある様です。
(大島紬の事ではありません、念の為。(#^.^#))

>私は着物や手工芸が好きなだけの素人ですが、奄美の紬関係の方は、皆さんとても親切に対応してくださいました。
>以前、古着屋で見かけた着物の反物が欲しくて、鹿児島の協同組合に電話で問い合わせをした事もありますが、こちらもとても丁寧に応対してくださいました。
>村山大島協同組合の織り体験と藍染め体験にも参加した事があります。
>伝統工芸を扱っている方々は、こちらの熱意を示せば皆さんとても親切にしてくださいますよ。
協同組合には、メールでお尋ねしましたので、返信を
いただけませんでしたが…直接電話をすれば、きっと丁寧に
対応をしていただけた、と思います。

龍郷柄の時にも、役場から紹介を頂いて(こちらも親切な
対応をいただきました)お尋ねしたある大島紬の施設は、
本当に丁寧に対応をしていただけましたし、今でも感謝して
います。
ちょっと遠いですし、これから先に行く機会も無さそうなの
ですが、奄美の方達のやさしさを、感じた思いを致しました。
きっと…良い所なのでしょうね。

それでは。

--------------------------------------------------------------------------------
Re:泥染め 
 はなうさぎ  - 04/12/16(木) 1:25 - 


  ▼みなさんへ

 私は、奄美大島へ行ってきましたが、本物を見極めるにはとか、証紙についてどう見極めるかは、結局よく分かりませんでした。最初は気になって聞いてみたりしたけれど、色も織りも化学も機械も同じような色が出てるし、結局は、自分があっ良い!と思ったら、と信用できるお店ということしかないかなと、、思っていますが、今の時勢、気になるところでもありますね。外国物だってあるし、、
 ああ、やってきましたよ!泥染め。ハンカチだけですが、最初、あの、噂のテーチ木を煮ている鍋を見てびっくり、本当大きな鍋でじっくり煮込んでいるという感じで、でも、その室内に入ったらなんともいえない匂いにびっくりしました。豆か芋を煮たような匂いがしました。慣れないと、長く居られないかかもしれません。泥田はいくつもあって、段々畑のようにあって、周りの自然も綺麗でなんか鳥の声も聞こえて泥田の中には何匹かヤモリがいて本島より少し大きめのようです。糸を染めている人は、皆腕が太く力のいる仕事のようです。私も、テーチ木染めをした後、泥田に入ったのですが粒子の細かそうなところの泥をすくい布が芯まで染まるように染めるつもりでぎゅっちゅっと揉み込むように支持されたのでそうやりました。でも、泥田から出るのは、至難の業ですね。その後、確か洗って色落ちしない液をつけて鍋で煮込んで乾いたハンカチは、本当に綺麗な茶色に染まりました。テーチ木と、泥で染まる事を実感できて大島フアンにとっては、待望のひとときでした。泥田で、糸をジャブジャブ染めている音が頭に残っています。昔は、どこでも泥田が沢山あったらしいです。
                                   はなうさぎ 

--------------------------------------------------------------------------------
Re:泥染め 
 旅から旅  - 04/12/4(土) 21:52 - 

  旅から旅です。
こんばんは。
さて、鹿児島にも鉄分を含む泥があります。
それを使えば、泥染めはできるとは思うのです。
ですが、できない理由が実はあります。
鹿児島には常時、煙をもくもく出している桜島というのがありまして、それが、火山性のガラス結晶を空気中にばらまいているわけです。
それがいつしか、地上に舞い降りてきて、鹿児島の田圃や池に落ちてくるのです。
泥染めというのは、糸を泥のなかで揉み込むことによって、染めるのですが、
その泥のなかにガラス結晶が入っていると、糸の繊維が切れたりするのです。
ですので、泥染めは奄美にしてもらっているのです。
鹿児島のひとは、奄美には感謝しているように思います。
奄美も鹿児島も、ともに栄えることを僕は祈っています。

では、またね。(旅)

--------------------------------------------------------------------------------
Re:根本的に、飛行機がこわいのです。とほほ 
 はなうさぎ  - 04/12/16(木) 0:05 - 


  ▼旅さん、ハルウララさんへ

 ただいま。飛行機はやっぱり時々揺れたり、少し気持ち悪くなるような時があるので乗り物嫌いの人はえらい(きつい)かもしれませんね。奄美でえらいと言ったら、えらいって?と聞かれて、分からないんだなあと思いました。
 でも、飛行機嫌いな人は意外に多いんだなあと思いました。旅先で、一人で来てる東京の人が妻が乗れなくてねえと言ってたので、でも、奄美に着くときは、サンゴウショウが沢山見えて、うわあ、奄美に来た!と、感動しました。帰る時は、また見えるかと思って期待してたのに、席位置が逆だったら見えたのに、と、思いながらある意味景色が見えないんだから可愛そうだなっと思いました。

--------------------------------------------------------------------------------
10年程も前のこと..... 
 VEGA - 04/12/6(月) 0:07 - 


  ▼はなうさぎさん:
初めまして!はなうさぎさん

奄美には長女の担任の先生や親しくしていた一家が転勤されたりした縁で,2度ほど足を運びました。2度とも鹿児島から一晩船に揺られての旅でした。

手仕事が好きで,鹿児島暮らしも長かったため,大島紬には特別の思い入れもありました。趣味で持っている機も大島機です。しかしながら,あの緻密な絣の手技には及ばず,専ら素人の手遊び程度の織に留まっています。

大島の方にも,また鹿児島本土の方にも 生活の糧として織をしておられる女性が,割と最近までたくさんおられたようです。「母が織ったのよ」と嫁入り支度の大島を見せてくれたお友達も一人ではありません。トントンと筬を打ちこむ音は,最近まで鹿児島でも大島でも日常の音だったのですね。

手仕事は,それが生まれた風土の中で出会う時に その感触が一番素直に伝わるような気がします。奄美の泥田のきめ細かな泥水に手を浸したり,泥の香りを感じれば,泥染めに対する思いもまた一段と深くなることでしょう。空の色が違う,海の色が違う,生態系が全く違う,それどころか言葉が違い,人々の顔立ちが違い,食べる魚や肉も違うう。奄美は,本土とはまるで別の世界です。

大島紬を島で求めるか否かは別として,是非足を運ばれたらいいと思います。大島紬を購入するのは,それからずっとたった後,お熱が冷めないかどうかをしっかり確かめてからでも遅くはありません。旅さんの元で,たくさん勉強なさったり,いろいろな大島をご覧になった後の方が良いでしょう。私も実は一枚奄美の7マルキ一元の泥大島を持っていて,それはそれで大好きな大島なのですが,いまや鹿児島の大島も欲しくなってへそくりを貯めつつ自制しているところです。

奄美の観光案内をしましょうね。初めて奄美を訪れた時は,レンタカーで400km走りました。鶏飯も食べたし,大島紬の泥田の見学もして売店も覗いてきました。その当時色大島が流行中だったようで,少なくとも「化学染料の色が一杯入った百花繚乱のような大島は好きじゃないな」と思って帰って来ました。スキューバの体験ダイビングもして,珊瑚のかけらをたくさん拾ったり,崖っぷちを俊敏に駆け上る山羊に歓声をあげ,古仁屋の水中遊覧船で熱帯魚に感激したり(夫は沖縄以上だと言います。私はグアム以上だと思いました。)夜の道は懐中電灯を持って歩くようにと言われておっかなびっくりだったこと....(ハブ注意)。レンタカーで走っていて蛇の死体を見つけたら,夫が念には念を入れてバックしてまで,息の根が止まったことを確認して,見に行っていたこと。私は,見たくも無いので,車の中に留まっていましたが.....

二度目の奄美では,まっすぐに加計呂麻島に渡りました。竜宮城さながらの珊瑚礁には,ピンクや紫のテーブル珊瑚,赤の枝珊瑚の間をピラピラ泳ぎ回るツノダシだのチョウチョウウオだの.....そして民宿の前の海岸を毎朝悠然と泳いでいく海亀,奄美に行くまでパソコンの野鳥図鑑でしか聞いたことが無かったアカショウビンの哀愁を帯びた鳴き声を聞いた時は,感動に打ち震えた程です。民宿のお風呂に出たゴキブリまで,九州本土のものとは様子が違っていて,亜熱帯にいることを実感しました。

「わが思うひとも思うと切々に涙あかるし三日月のそら」作家島尾敏雄が加計呂麻からミホのために詠んだ歌です。海軍特攻隊隊長として180余人の命を預かって島尾は加計呂麻に赴任していたそうです。「海原乃果て天の果てただだまってミホもお供申し上げ逝いります」.....本当に海原の果てなのです。その海原の果てまで迫るものがあったのですね。

奄美を訪れた頃は,私たちが家族としても一番楽しい頃だったかもしれません。何処に行くのも一緒でした。今でも奄美を振り返る時は,家族の心がひとつになるのを感じます。今はばらばらのことをしている娘たちも「奄美また行きたいね」という言葉に異論は唱えません。

是非お訪ねください。素敵なところですよ。

--------------------------------------------------------------------------------
Re:10年程も前のこと..... 
 はなうさぎ  - 04/12/16(木) 19:08 - 


  ▼VEGAさんへ:
>奄美には長女の担任の先生や親しくしていた一家が転勤されたりした縁で,2度ほど足を運びました。2度とも鹿児島から一晩船に揺られての旅でした。

> 奄美にそんな親しい人がいると、余計思い入れが強いかもしれませんね。私は、もう行ってきてしまいましたが、知り合いが居るわけでもなく行ったのであまり楽しくないかもしれないとも思っていました。でも、以外にいろんな人に出会って奄美の人も人懐っこくてあまり、寂しい事は無かったです。名瀬空港に着いたとたんレンタカーでさっそく奄美パークへ行き早速奄美料理の油そうめんを食べ、大島紬も飾ってあったので飛びついて見ていたら県の観光アンケートを依頼してきた人が居たので来た理由を答えたら、いっぱい大島紬のことを教えてくれて、私も嬉しくてアンケート忘れて大島の話ばかりでした。その方も、機を織ってたらしく、その後、会う人会う人、皆機を織ってたことのある人ばかり。だから、凄く詳しい。よく知ってるから、話も尽きない。でも、私にしたら羨ましい人たちです。大島紬が今まで着物屋さんでも、やっぱり入りにくいから数も少ないし、遠い存在であり少ない存在だったのが、奄美に来てそこらじゅうに資料館や着物が沢山あるのでたまらなかったです!!織ってる人たちや泥染め、テーチ木の煮込みなど見て立派に出来た素敵な沢山の反物を見るとつい幸せだなあとつい気分に浸ってましたが、着物を買う計画はしてなかったので沢山の紬を前にむなしく帰ってきました。

>手仕事が好きで,鹿児島暮らしも長かったため,大島紬には特別の思い入れもありました。趣味で持っている機も大島機です。しかしながら,あの緻密な絣の手技には及ばず,専ら素人の手遊び程度の織に留まっています。
>
私も、やってみたいです。折の体験もして、織ってるときの感覚も無心に織って家で織れたら素敵ですね。

>夜の道は懐中電灯を持って歩くようにと言われておっかなびっくりだったこと....(ハブ注意)。レンタカーで走っていて蛇の死体を見つけたら,夫が念には念を入れてバックしてまで,息の根が止まったことを確認して,見に行っていたこと。私は,見たくも無いので,車の中に留まっていましたが.....
>
 私は、ハブには会ってないけど、大浜海岸の展望台で、なんかすごいムカデがいて、それもたくさん、、美しいさんご礁の眺めをうっとりと見てたのでやっぱりこれだけ綺麗なとこだから何か居るだろうなと思いました。でも、上の思い出といいアカショウビンの声が聞こえたことといい、奄美には本島に沢山の思い出があるんでしょうね。
>。
 多分またいつか奄美に行きたいと思ってます。ベガさんの言うように、奄美大島は人も自然も文化も最高のとこだと思っています。また行きたいけど、早く着物も欲しいですが、、
                                   はなうさぎ


15,397 hits
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB730; .NET C...@KYNfb-06p1-144.ppp11.odn.ad.jp>

224 奄美大島へいく 旅から旅 10/8/22(日) 21:27

  新規投稿 ┃ ツリー表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ 過去の着物相談索引へ ┃ HP ┃ 着物掲示板へGO!  
16 / 242 ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:  
111428
C-BOARD v3.20e is not Free?