銘 忠剛

(本場大島紬 9マルキ 本割込み式 泥染)











この反物は、本場大島紬 9マルキ 本割込み式の泥染めの大島です。

「本割込み」については、HPを参考になさってください。


このあたりが、割込み式の参考ページです。

006 割込み式のお話し
041 割込み式詳述T
042 割込み式詳述U


この大島は、旅さんのオリジナル大島の2作目になります。


1作目はみなさんご存知の天目割込


そして2作目はこの忠剛(ただたけ)というわけです。

しかも、この大島には、旅さんの口織りまで、ついております。


こういうのですけどね。


旅さん、口織りまで作って、凝りまくっております。(笑)





口織りについてのご説明は、下の欄を見てくださいね。

忠剛(ただたけ)という柄銘の由来は、島津忠剛公(天璋院篤姫の実父)は


こういう小柄の大島を好んだのではなかろうか、、、、というところから


柄銘とさせていただきました。

どうか、絣柄のひと粒ひと粒をごらんください。


泥染めの黒に囲まれた円文(七宝文)がありますでしょう?


見かけは、まるく、調和を保っていますが、内に秘めたるものは、


自分という確立された個性、こころを持っている、、、、、、。


そういう気持ち(気合)のこもった大島を作りたかったのです。






いつものワンパターンのそしりを受けそうですが、大きさ比較のために、


つまようじを大島のうえに置いてみました。


今回の割込み大島「銘 忠剛」のハイライトは、このつまようじの先、


一元の糸(2本の糸)を使った四角形、さらにその外側には


糸1本の四角形もあるのですが、このなかのほうの二重糸の四角形、


これがこの大島、忠剛で、一番見ていただきたい部分なのです。


この四角形を的として、弓を引き絞り、矢を射るがごとく、、、または白刃を


煌かせて、この四角めがけて突きを入れるがごとく、、、そういうことを僕は


この大島を見ていると感じてしまうのです。


たぶん、それと同じことをこの大島を織る織り工さんは、感じ、


そして仕事をしておられるのだと思うのです。


両の手指で右に左に杼を投げながら、緯の絣糸を指先でつまみ、


経の絣糸ときちっとあわせて、ひと粒ひと粒、


円をそして四角を作っていくのです。


これすなわち、真剣勝負そのものだと思うのです。

僕はね、この大島と対峙するとき、自分のまわりの空気が


しーんと静まり返っていく思いがします。


そう!僕は厳粛な空気感に包まれるのです。







ところでね、僕は思うのです、こういうすごい系の大島って、


どういう位置づけの大島なんだろうって。


それで、、、、、、、、、


もし、泥大島は生涯に1枚だけでいい!1枚しか要らないのだ!!


と思われるかたが、もしいらっしゃったとしたら、


この忠剛はそういうかたのための大島なのではなかろうか?と。


そういうかたには、この忠剛、僕は自信をもって、お奨めします。


なにしろ、忠剛は極めつけの本割込みの泥大島なのですから。


女性は言うにおよばず、男性のかたにも、ぜひとも、


着てほしい逸品大島だと思います。


着て楽しみ、見て楽しむ。

悦楽の大島、ここにあり!

この大島の生地巾は一尺六分(40.1cm)で、


耳を含まない巾は、一尺(37.8cm)です。


裄は二尺(75.6cm)まで可能です。


また、湯通し後の長さは、三丈四尺三寸(12m97cm)です。


この丈で仕立てられる寸法は、


袖丈一尺四寸で身丈(肩山から)四尺六寸(174cm)の寸法にできます。


ちなみに、この身丈は、身長170cmのかたの仕立て寸法なのです。


身長170cmまでのかたなら、どなたでも着用可能です。

男性でしたら、おはしょりが要りませんので、


もっと長身のかたでも、だいじょうぶです。




衿周りは、こういう感じになります。


似合われるかどうかの参考になれば、幸いです。





近づくと、、、、







さらに近づくと、、、、






旅さんの口織りについて





これは、当ホームページ「旅から旅の着物のお話」の


玄関を飾っている写真です。


この石橋(行者橋)は最近、ドラマの舞台になったりして、


とても有名になり、観光客のかたもおおぜい、いらっしゃり、


地元のものはたいへん喜んでおりまする。


そこで、旅さんも馴染みのある行者橋を口織り文字と


することにいたしました。

これ、このように。





行者橋は石の板と3本の橋脚で、できています。


それを図案化したものが、下の図形です。






橋と言うものは、本来、こちら側からあちら側へ渡るためのものです。


僕はこの行者橋の図案に、作り手(産地)と着手(着物大好きさん)との


橋渡しになりたい!というメッセージをこめました。


そして、図案化してるときには、意図はしなかったのですが、


よくよく見ると、なにやら、3人のひとが


重たそうなものを担いでいるようにも見えます。


まるで、大島紬という大切なものを、みなさんと産地と僕らが


担いでいるように。

さぁ、わっしょいわっしょい!

大好きな大島紬がいつまでも、織りつづけられますように!


9マルキ本割込み式の証明書











円(七宝文)のなかに、二重糸の四角、そして一重糸の四角、


その外には十の字絣、、これらがひとつの世界を構築し、


そのひとつずつの世界は長絣(なががすり)の線によって、


外の世界と縦横無尽に繋がっている、、、


そういう世界観をみなさんと共有したいですね。



画像いろいろ、お楽しみください。





















この本場大島紬 9マルキ 本割込み式 泥大島

「銘 忠剛」

販売価格は表示しておりません。この忠剛さんに興味のある方はどうぞ、


お気軽に旅さんにお尋ねくださいね。

お品代は、旅さんに直接、メールでお尋ねください

(左クリックしてください)


販売価格はメールでお知らせいたしますが、自動返信ではありませんので、


すこし時間がかかるかもしれません。どうか、ご了承ください。


また、販売価格をお尋ねになったからといって、


何度も勧誘を試みることはありませんので、ご安心ください。


まー、一度ぐらいはお尋ねするかもしれませんが。(笑)

ご注文は、旅さん宛てにメールでお願いします


そのときに、詳しい手順や連絡先をお伝えします。


ところで、旅さんのところは、お仕立ては承っておりません。


湯通しは、すでに済ませていますので、そのまま、お仕立てできますよ。


大島紬は、鮮度が命だと確信していますので、織り上がった時点で、


湯通しを完了しております。


ですので、大島の風合いは抜群であります。


ちなみに、湯通し代は、サービスとさせていただいております。

どうぞ、よろしくお願いします。(旅)