染め編 捺染の裏表の比較

飛翔け!本場大島紬へ

上の生地の地色は深緑です。
裏は当然、白けた緑です。
元の反物は深緑地の兎の小紋でした。下の生地の地色は紫色です。
裏ははっきりしない、ぼやけた柄です。元の反物は型匹田(かたびった)の小紋でした。
捺染というのは、今まで何回も言ってきましたが、糊と染料を混ぜたものを竹ベラでこするように、扱く(しごく)ように染めます。
そして、染料の浸透力が弱いため、裏に色が通りません。
裏に色が通らないと言うことは、色の深みが足らない、そして単衣の着物にしたときに、裾がめくれたときに、少し、みっともないということが考えられます。
小紋で裏に色が通っている反物を求めたいときには、引き染め(ひきぞめ)を施された反物にされるといいでしょう。




 

飛翔け!本場大島紬へ

ハギレは語る索引へ

目次へ

表紙へ