紬の解体4

飛翔け!本場大島紬へ

パート3で白大島の亀甲絣の織り組織を見て、他の亀甲はどうなっているのかと思い、多分、大島だと思うのですが、上の紬を解体しました。
すると、やはり、糸の組み合わせは一緒でした。
なにかしら、紬って面白いですね。
すっかり、とりこになってしまいました。
これからも、紬のことを研究したいと思いました。
そのうち、参考文献を開いて、紬特集でもしようかな。
そうしたら、やっているうちに、正体不明君もどこの誰かくらいは、分かってくるのではないかな?





飛翔け!本場大島紬へ

ハギレは語る索引へ

目次へ

表紙へ