紬の解体7 どっちもどっち

飛翔け!本場大島紬へ

両方とも機械機(きかいばた)の紬だと思います。
どちらも呉服屋さんのバーゲンのワゴンに入っていそうな紬です。
緯糸も経糸も紡績糸を使っています。
ただ、両方とも縞柄なのですが、その模様を出す方法が少しだけ違います。
左の縞は緯糸が地色と同じ色の糸を使い、緯糸は2本の糸を並べて織ることによって、少し太めの縞柄を表現しています。
一方、右の紬は緯糸は黒糸を使い、経糸はローズ色で、縞を表現するために太い糸(ウール,毛糸)を織り込んで、経(たて)に節を作る要領で太い縞を表現してあります。
しかもその縞は、当然、節状だから出っ張っています。
まぁ、どっちもどっちと言う感じの紬2反なのですが、どちらが味があるかと言えば、強いて言えば、右側の紬かな?
あなたは、どっちだと思いますか?





飛翔け!本場大島紬へ

ハギレは語る索引へ

目次へ

表紙へ