紬の解体8 最強のタッグ(塩沢と結城)

飛翔け!本場大島紬へ

左は塩沢御召し、右は結城紬です。
左の塩沢は御召し風の手触りだけれど、縮まない御召しです。
変わり縮緬と同じ原理で強撚糸を使っていません。
しかし、シボを演出するために、面白いことをしているのを、発見しました。
緯糸に細い糸と太い糸を交互に打ち込んでいます。
こうすることによって、シボを立たせていました。
経糸はいかにも撚糸、しかも細い撚糸を使ってあります。
そして、右の結城紬は経緯糸ともに質実剛健を地で行くような織物ですね。
でも、ひとつ気がついたのは、いかにも手で紡いだ糸を使っています、という感じですね。
だって、経糸も緯糸も太さが微妙にマチマチなのが、分かるでしょうか?
そのせいで、細かい節が不規則に出ていますが、かえって不作為の美しさがありますね。
いつかは、クラウンというコマーシャルが以前にありましたが、いつかは塩沢、結城でしょうか?
でも、結城のほうの糸をしげしげと見ていると、こちらもぎざぎざになっていますね。
このぎざぎざは、緯糸にとってのへこみは、経糸が乗っていたということでしょうね。
とすれば、左の塩沢の経糸のへこみも緯糸が乗っていたわけですね。
しかも緯糸が細いのと太いのが乗っていたわけだから、なんとなく、ぎざぎざが不ぞろいですね。
もう、なにがなんだか分からなくなってきましたね。
でも、もともと、分からないところから始めた研究だから、ま、いいか。
これだから、やめられない。





飛翔け!本場大島紬へ

ハギレは語る索引へ

目次へ

表紙へ