紬の解体9 後染めの紬(白山紬・染め大島)

飛翔け!本場大島紬へ

左側が白山紬の色無地(もともとは加賀友禅の訪問着でした)。右側は染め大島で、ロウケツ染めです。
さて、白山紬の緯糸は染め大島のそれよりも明らかに糸が太く、しかもかたい。
一方、白山紬の経糸は染め大島のそれよりも、これまた断然糸が細い。
この違いが、生地の風合いに決定的な違いをもたらしているのだと思います。
白山紬のほうは、肉厚でしっかりとしています。
あのいわゆる釘抜き紬とは、すこし違うのですが、その流れを汲む紬なのだなと実感します。
こうやって見ていくと、織り糸が細ければ細いほど、その織物は上物なのだと言うことが、身に沁みて分かりますね。
今日は、そのことが収穫です。
「糸が細くて打ち込みがいいのが、良い織物である。」とものの本にはよく書いてありますが、今日はそのことが、ほんとうに理解できた日です。
ところで、この「紬の解体」のシリーズで、私は最初の頃に思っていたことと、最近になって言っている事が微妙に違っていることに今日、気づきました。
だんだんと、紬に対する認識が変っていくのが、自分でもわかります。
これから先、どんな風に言うことが変っていくのかと思うと、面白いやら情けないやら。
でも、これから先も、お付き合い願いますね。





飛翔け!本場大島紬へ

ハギレは語る索引へ

目次へ

表紙へ