紬の解体11 泥試合

飛翔け!本場大島紬へ

両方とも、いわゆる泥藍大島紬です。
どちらも、よく似ていますね。
左のほうが若干、絣の出方がくっきりときれいですね。
実際、この大島を2反並べてあったら、あなたはどちらを買い求めますか?
やっぱり、甲乙つけがたしで模様の好き好きで決めるのでしょうね。
でもね、よーく見てください。
糸の太さを見てください。
左のほうが経緯ともに糸が細いでしょう?
糸が細いということは、打ち込みが強いと言うことなのです。
実際、左のほうは打ち込みが良くって、糸のももけが少なかったです。
但し、手で触った限りでは、どちらも同じような風合いでした。
紬は奥が深いですね。





飛翔け!本場大島紬へ

ハギレは語る索引へ

目次へ

表紙へ