紬の解体12 夏大島と粋紗絣(すいしゃがすり)

飛翔け!本場大島紬へ

左側が夏大島、右側が粋紗絣(すいしゃがすり)です。
今までは、漠然と夏大島を大島紬の織り方で織られた紬だとばかり思っていたのですが、少し違うようです。
というのも、横に融通が利くのです。
つまり、横方向に伸び縮みします。まるで、撚糸が使われているようにです。
確かに、糸を抜くと、その糸はすこしカーブを描いています。
しかも生地の表面を見ると、ニット織りのようになっています。
斜め方向にも融通が利きそうです。
これは、機械織りの本場夏大島です。
右側の絣は粋紗絣という名前でよく呉服屋さんの店頭に置かれています。
これを勘違いして、夏大島と混同しておられる方がおられます。





飛翔け!本場大島紬へ

ハギレは語る索引へ

目次へ

表紙へ