紬の解体15 久留米絣と塩沢紬

飛翔け!本場大島紬へ

左側は、木綿織物の久留米絣です。
右側は、一応塩沢紬だと言っていますが、よくわかりません。
久留米絣の緯糸を見てください。
右と左の糸の太さが随分、違うでしょう?
経糸は均等な太さですね。
この緯糸の太さの不揃いからどういうことが起こるかと言うと、地の目が通らないのです。
地の目というのは、そうですね、反物の両耳を指でつまんで横に引っ張ってご覧なさい。
平織り(ひらおり、紬とか胴裏)なら、横に引っ張っても融通が利かずに生地巾は広がりません。
縮緬などは、結構広がります。
さて、久留米絣というものは、平織りなのですが、緯糸の不揃いの特性から真っ直ぐ織っていても、バイアスになっていくのです。わかりにくい表現で申しわけないです。
つまり、どう横方向に引っ張っても融通が利いて、伸び縮みするのです。
これは、着やすいでしょうね。
この傾向は、久留米だけのことでしょうか?
それとも、木綿織物のすべてに共通する特性なのでしょうか?
なんとなく、楽しくなってきましたね。
さて、右側の紬ですが、手触りがすごく堅く厚みを感じました。
そして解体してその理由がわかりました。
経緯ともに糸が太いのです。





飛翔け!本場大島紬へ

ハギレは語る索引へ

目次へ

表紙へ