1 湯通しのお話し

飛翔け!本場大島紬へ

旅から旅です。
みなさん、こんにちは。

今日は、なんのお話しをしようかな。
そうですね、じゃ、湯通しの話しでもしましょうか。

湯通し(ゆどおし)というのは、その名の通り、湯に通すことです。

湯に通して、糊を落とします。
織物と言うのは、糸を一本ずつ、コツコツと織っていくのですが、
糊で固めておかないと、織り辛いわけです。

この糊を落とす作業の事を湯通し(ゆどおし)、もしくは地入れ(じいれ)といいます。

さて、あなたが大島紬を買われたとしますね。
では、この湯通し、いつやればいいと思いますか?

では、観点を変えましょう。
みなさんは、こんな経験はないでしょうか?
親戚のだれかから、昔の大島を反物の形でもらったというようなことは、ないでしょうか?

そのときの大島は、カサカサ、パサパサしていませんでしたか?
もしくは、年代物の大島をネットショップで買われた折に、やけに生地の風合いがカサカサしていませんでしたか?
もちろん、それらは、湯通しはされていませんよ、当然のことながら。
昔は、大島を湯通ししなければならないというノウハウは、ほとんど知られていなかったように思いますし、売れていない大島は、商品価値がなくなると言って、湯通しはしないものですから。

思い当たることはありますか?

そのカサカサの原因は、いつまでも湯通ししないで、糸に糊をつけたままだったから、糸から油気が抜けて、あのように「カサカサ・パサパサ」になったのです。
そのメカニズムはよくわかりませんが、一説には、糊がカビを呼んで、そのカビが糸の油気を消化したのではないかとも。

そして、このように、「カサカサ・パサパサ」になってしまったら、もう湯通ししても、問題解決にはならないのです。
つまり、湯通ししても、カサカサ・パサパサは直らないのです。

古漬けの沢庵はおいしいけれど、古漬けの大島は買ってはいけませんよ。
また、同じ理由で、湯通し済みの大島も買ってはいけません。
その理由は、すでにカビが発生してしまったからです。
というわけで、幸運にも、織りあがったばかりの大島を買うことができたときには、すぐに湯通しをしたほうがいいですね。
湯通しすることによって、証紙類が流れることを心配されることはないですよ。
証紙の上から、大判の透明なテープを貼れば、大丈夫ですから。


旅さんの大島紬大研究へ

飛翔け、本場大島紬へ

目次へ

表紙へ