2 シャリンバイのお話し

飛翔け!本場大島紬へ

さて、大島紬の糸は、地糸(じいと)と絣糸(かすりいと)で構成されています。
地糸の色は、たいがいは黒色です。
この黒色を出すには、まず、絹糸を藍色に染めます。
こういうことをするのを、下藍(したあい)と呼びます。

一方、シャリンバイ(車輪梅)を煮出して抽出液を作ります。
このシャリンバイというのは、タンニンを多く含みます。
どこの地方にも見られる街路樹がシャリンバイなのです。



そして、下藍を施した絹糸をシャリンバイ(テーチ木とも言います)を煮出して抽出した液に20回繰り返し、漬けて染めます。
もちろん、一回ごとに液は交換されます。

そうしないと、きれいな、あの独特の茶色には染まらないのです。
そして、20回抽出液で染められたあと、鉄分を多く含む泥田に一回漬けられます。
このシャリンバイ20回泥染め1回を一工程として、これを4〜5回繰り返して、大島紬独特の深くそして茶がかった黒色に仕上がるのです。

つまり、シャリンバイが20回×4ないしは5回で80回から100回、そして、泥染が4〜5回も、ひとの手が加えられるのです。
これが、地糸の染めです。

絣糸のほうは、以前にも書きましたね。
もう一度、書きますと、まず、絹糸に締め機を施します。

締め機(しめばた)というのは、絹糸を木綿糸で締めることを言います。
絹糸は、水分を含むと広がろうとします。
反対に木綿糸は水分を含むと、縮まろうとします。
この作用を利用して、締め機は行なわれるのです。


すなわち、絹糸は乾いている状態のときに、かなりの力で木綿糸で締められます。
そうして、テーチ木の液体の中に漬けられるのです。
すると、テーチ木のなかで、絹糸は広がり、木綿糸は縮まります。
そうすると、ますます木綿糸は絹糸に食い込み、防染(ぼうせん)の役目を果たすと言うわけです。
そののち、テーチ木20回泥染1回を一工程として、それを4〜5回繰り返されて、絣糸はできあがります。


旅さんの大島紬大研究へ

飛翔け、本場大島紬へ

目次へ

表紙へ