8 夏冬大島の緯糸

飛翔け!本場大島紬へ

本場大島紬には、袷・単衣のスリーシーズン用の大島紬と
夏用の夏大島があります。
あなたがたが普段、御覧になるのが、三季用の大島紬です。
そして、滅多に見ることができないのが、手織りの夏大島なのです。
機械織りの夏大島は、よくあるんですけどね。
さて、このページでは、夏大島と三季用の大島の緯糸の比較を
してみたいと思います。
ゲストは、泥大島さん、夏白大島さん、そして夏泥藍大島さんです。




うえの三本の緯糸が、今日のゲストの方たちです。
では、下の項で、紹介をしましょう。




上から、夏泥藍大島さん、夏白大島さん、
そして、三季用の泥大島9マルキさんです。
この大きさの画像でも、一目見ただけでわかるのでしょう?
そうですね。
糸の太さが違いますね。倍ほども違う事が見て取れます。
これだけ細いと、同じ長さを織るのに、大変な時間と手間がかかることでしょうね。
そして、もうひとつ目に付くのは、泥大島も撚ってありますが、
夏大島のほうが、撚りが強いことです。
よくねじれているでしょう?こういう糸は強いのです。
この強い撚りのおかげで、夏大島独特のシャリ感としなやかさ・柔らかさという、一見すると、相反すると思われる特性が生まれるのです。



旅さんの大島紬大研究へ

飛翔け、本場大島紬へ

目次へ

表紙へ