67 絣調整(絣あわせ)

(旅さんの大島紬紀行抜粋編)







「絣合わせ」


いよいよ、大島紬独特の織りワザである「絣合わせ」の工程に入ります。


この「絣合わせ」は、先ほどの「調子合わせ」(経絣糸をしごく)では直らなかった部分を、


今度はかなり、積極的に直す工程ということが言えるでしょう。


今度は、直接、調整針と指先で、経絣糸を引っ張り上げるというのが、主な作業です。





経絣糸を引っ張り上げる部分の下に台を置きます。


そこに、発熱体、つまり、色つきの裸電球を置きます。


その目的は、暖めることによって、緯糸とくっついている経絣糸を


引っ張り上げやすくするのです。



「絣合わせ 接写動画」


この接写動画のまえに、普通の絣合わせの動画があるのですが、


そちらには、僕と織り工さんとの世間話がばっちり入っていますので、


それをみなさんにお聞かせするのは、ちょと、恥ずかしいので、割愛することにしました。


そちらの動画には、反物の右端から左端までの絣調整が収められています。


そして、本編は、、、、、以下のとおりです。


絣合わせもあと少しでおしまいというところです。


光学レンズを二倍にして、接写してみました。


とても、迫力のある絵が撮れました。


ここまで絵を大きくすると、経絣糸の一本一本が相当、


ゆるんでいることも分かるし、その一本一本を調整針を使って、


糸と相談しながら、引っ張っているのが、よくわかります。


もう、なんの説明もしません。


ただ、ひたすら、ご覧になってください。


大島紬の真骨頂がここにはあります。


これをご覧になると、あなたの大島紬がきっと、こころより愛おしくなるに違いありません。


では、どうぞ。






















 戻る      次へ