68 男の仕事 締め機

(旅さんの大島紬紀行抜粋編)





「男の仕事 締め機」


締め機(しめばた)は、男の仕事で、織りは女の仕事である。


大島紬の世界ではそういうことになっています。


たしかに、締めの工程を見ていると、勇壮な音楽に満ち溢れています。


一見すると、手延素麺のような木綿糸(ガス糸)の長いのが伸びていて、


こちらでは、締めの職人さんが「ズシン、、、ズシン、、、」と重そうな筬を打ち込んでいます。


ちなみに、ガス糸という呼び名は、木綿糸の毛羽立ちを防ぐため、


ガスの火で毛羽を焼いているところからその名があるそうです。


見ているだけで、結構、面白いです。


ただ、なにをやっておられるのかが、さっぱりですが。(笑)


お仕事中に質問すると、叱られそうで、ずっとだまって、眺めるのみの見学です。






















締め機全景




絣図案



 

絣筵




絣筵接写画像


戻る      次へ