染め編 4 深い色

飛翔け!本場大島紬へ

色無地を染めるのに、浸染にしないで、どうして
染め代の高い引き染めで染めるのでしょうか?
その理由は、ただひとつです。実に深い色が出るのです。

左の反物をごらんください。
「波打ち際」が三つあるでしょう?
これは、三回、引いているのです。
一番下の白い色は、白生地の白です。
そこに、薄い蒸し栗色を引き、次に、消炭色を引き、最後にこげ茶色を引いています。
こうすると、とてもひとことでは言い表せないような深みのある地色になります。
これが、引き染の効能なのです。



飛翔け!本場大島紬へ

ハギレは語る索引へ

目次へ

表紙へ