染め編 7 絞りって美しい

飛翔け!本場大島紬へ

「絞り」という染め方は、相当、昔からある染め方です。
なにしろ、正倉院の宝物蔵からも出てくるくらいですからね。
染まるところと染まらないところをどうやって、
区別するかというのが「染め」の基本なのです。
「絞り」の区別の仕方は、基本的には、糸で縛って絞るのです。
糸でぐるぐる巻きにすると、その部分は染まりません。
これが、「絞り」なのです。
「絞り」の技法には、指先でつまみながら絞っていく本匹田(ほんびった)と
絞器(しぼりき)による絞りがあります。
(絞器を使うと言っても、こちらも手でやります、念の為。)
絞りの反物の良し悪しの評価の仕方は、
良い生地が使われているかどうか(もちろん、生地が良いほうがいいです)、
絞りの山の点(山で言うと、山頂です)が小さいかどうか(点の小さいほうが上物です)、
点のまわりの白場が大きいか、小さいか(大きいほうが上物)です。

絞りって、ほんとに美しいですね。
染め自体は、浸染(しんせん)です。


しっかりと、絞りが立っていますね。
これは、いい生地を絞っているからです。

これは、絞りの裏です。
まるで、お花畑みたいですね。
いい絞りは裏にも味がありますね。



飛翔け!本場大島紬へ

ハギレは語る索引へ

目次へ

表紙へ