染め編 8 絞りの裏打ち

飛翔け!本場大島紬へ

さて、絞りの山は、低くなるでしょうか?言い方を変えると、
ぺったんこ(関西弁かな?、平らのこと)になるでしょうか?
反物のままで、置いておく分には、
絞りの山は原型を保つでしょうが、
一旦、着物として仕立てられると、
確実に、平らに、伸びていきます。
その理由は、重力の法則で、
それ自体の反物の重さで引っ張られるからです。
仕立て上がってから、生地が伸びるのは、非常に都合が悪いです。
そこで、絞りには、特に総絞りには「裏打ち」という加工を施す事が多いです。

こういう絞りの反物があります。

もうすこし、間近で見てみましょう。
この反物で着物に仕立てることになりました。
仕立てる前にやらなければいけないことが、いくつかあります。
まずは、巾出しのための湯熨(ゆのし)です。しかも、手熨(てのし)というものをします。仕立て寸法から割り出した生地巾に整えてます。絞りの山がなくなってしまうと、悲しいですからね。

これが、裏打ちです。
裏から見ています。
糸が斜めに走っているのが見えるでしょうか?

これなら、分かりやすいのではないでしょうか?
一番下が絞りの反物です。
その上に、ごく薄い絹物を置き、絹糸で綴じ付けます。
表には、ほとんど目立たないほどの針目が出ています。

綴じ糸を取り、裏打ちされた絹地をめくりました。
とても薄い絹地だということがわかるでしょう。
もし、総絞りの反物を買われたら、この裏打ち、是非、やってくださいね。



飛翔け!本場大島紬へ

ハギレは語る索引へ

目次へ

表紙へ