墨付け

飛翔け!本場大島紬へ

墨付け
大島紬の経絣模様は折り曲げ線を中心に対称形同一模様の繰り返しになっているのが一般的です。折り曲げ線から折り曲げ線までの距離すなわち模様の間隔を常に一定に保つために、糊張りしたフス糸に印をつけることを墨付けと呼びます。
(以上、赤塚嘉寛先生著 本場奄美大島つむぎ・技術ノートより、引用しました)


前へ    次へ

飛翔け!本場大島紬へ

本場大島紬の作り方へ

目次へ

表紙へ