経絣糸の仕上げ

飛翔け!本場大島紬へ

経絣糸の仕上げ
番組み工程で区分された経絣糸を図案に従って一疋分づつになるよう品番号順に配分します。例えば、番組み工程までフスの状態で抱き合わされていた16本の経絣糸を2本づつ綾を残したまま8疋分に分離し、両端をそれぞれ釘に固定します。これらは、フス状の絣糸を糊付けし、糊が乾燥しない湿潤状態の間に2本づつ分離し一方の端をそれぞれ釘にかけ、綾を隣りの釘にかけ、次いで絣糸を外して糸がもつれたりしないようきちんと2本づつ分離している事を確かめ、糸がたるまないように、他端をそれぞれ釘にかけ、乾燥させます。乾燥したら、1疋づつまとめてとりはずします。
(以上、赤塚嘉寛先生著 本場奄美大島つむぎ・技術ノートより、引用しました)

前へ    次へ

飛翔け!本場大島紬へ

本場大島紬の作り方へ

目次へ

表紙へ