経地糸の巻き込み

飛翔け!本場大島紬へ

経地糸の巻き込み
整経した経地糸を千切りに巻き込む事をいいます。
(以上、赤塚嘉寛先生著 本場奄美大島つむぎ・技術ノートより、引用しました)

平成十五年夏、鹿児島に行って、見学させていただきました。
関係者の皆さん、ありがとうございました。
地経(じたて)を巻く機械です。
地経というのは、経糸(たていと)の地糸(じいと)という意味です。
地糸というのは、絣糸(かすりいと)ではない、無地(むじ)の糸のことです。泥大島の場合は、真っ黒の無地の糸であり、白大島の場合は、真っ白の糸ということになります。
いま、職人さんは、一本分の巻き終わりを結んでいるところです。
この円形の水車状の枠は、
一周が一丈(いちじょう、3m78cm)あります。
羽根から羽根までは、一尺(いっしゃく、37.8cm)です。
一本の地経の長さは、
七丈四尺五寸、すなわち、
二反分の長さなのです。
上の写真の反対側です。
地経を木の枠に巻いていきます。
かなり、強く巻いていきます。
こうして見ると、絹糸というのは、強いものですね。
きっちり巻くために、細い小さな角材を巻きこんでいきます。
最終的には、地経は、
こういう風に巻かれます。
こうして、地経は、
織り機にかけられるのを、
待つことになります。



前へ    次へ

飛翔け!本場大島紬へ

本場大島紬の作り方へ

目次へ

表紙へ