14 カタス式と一元式 U

飛翔け!本場大島紬へ

今日の土俵は、地絣勝負です。
地絣だけをみると、9マルキカタス式のTの地絣のほうが、
すっきりとしています。
7マルキ一元式の十の字絣がうるさく感じますし、
美しいと思えません。
地絣だけなら、9マルキカタス式の圧勝のような気がします。
みなさんは、どのように感じられたでしょうか?


こちらは、9マルキ カタス式の地絣、Tの字絣です。

「見た目の違い 1」でも数えましたが、1センチ角にTの字が45個ありますね。
実に端正な顔を持っています。
「実に美しい!」

こちらは、7マルキ一元式です。
この場合は、地絣とは言わず、いくつかある小柄のひとつです。
Tの字絣と十の字絣が混在しています。
いったい、いくつの絣が入っているのでしょうか?

一元式は、絣の集合体を面として見せる能力は、
残念ながらカタス式よりは劣っているということなのです。
絣配列の方式は、カタス式、一元式、さらに割込式とありますが、その特性によって、分けられなければなりませんし、
僕たちも、そういう目で、大島紬を評価しなければならないと思うのです。


旅さんの大島紬大研究へ

飛翔け、本場大島紬へ

目次へ

表紙へ