17 7マルキ一元式の小柄集 U

飛翔け!本場大島紬へ

前回の続きです。

黒帯です。
アクセントとして、使われています。

堤燈の変形です。

クルゴモリの変形です。

精華という伝統的文様の一部です。

独鈷文(とっこ)です。

なんという文様か、わかりません。
分かり次第、記入しますので、いますこし、お待ちください。

堤燈のくずしだと思います。

小菱文です。

クロツガくずしという
伝統文様のひとつです。

どうでしたか?深く深く、味わっていただけましたか?
これほど多くの小柄がひとつの反物に織り込まれているとは、
ただただ驚くばかりです。



旅さんの大島紬大研究へ

飛翔け、本場大島紬へ

目次へ

表紙へ