23 目糸のお話し





(ご案内) 本文をお読みになる前に


もし、あなたが呉服専門店で経緯絣の大島紬を


買おうとなさっているかたでしたら、


下の文章はどうか、読まないでください。


こういう知識は知らなくていいと思います。


なぜなら、ネガティブな知識が含まれているからです。


 次へをクリックしてくださいね。


でも、もし、専門店じゃない呉服屋さんやネットオークションなどで、


なんの説明も受けず、もしくは誤った説明を受けて買われる場合は、


知識として持っているのも悪くないのではないかと考えます。













今回は、経緯絣みたいに見える機械織りって

いうのを、お見せしましょう。





この黒線を「目糸」と言います。

「めいと」と読みます。

絣糸のように見えますが、無地の糸です。

絣糸に見える理由は、緯糸が横切っているからです。

これは、7マルキ表示になります。

経糸の配列は、絣糸、地糸、地糸、地糸の

、3、、3が7マルキだということは、知ってますね?

「カタス式のお話し」を参照してください。

この絣糸のところに、目糸を置換すれば、良いわけです。

この目糸を遣うと、9マルキ表示のものも出来てしまいます。

つまり、絣糸、地糸、地糸の、2、、2の配列が

9マルキなのですが、先ほどと同様に、

絣糸のところに目糸を置換すれば、良いわけです。

ところで、そういう7マルキ表示や

9マルキ表示されていても、「織絣」のハンコはちゃんと、

つかれていますから、

ご安心を。


ところが、ところが、こういうのも、あります。

ぱっと見た分には、普通の経緯絣の白大島に見えますね。



でも、これも、目糸を遣った大島紬なのです。

白無地の経糸が並んでいますね。

しかも、証紙に頼れないとなると、、、、、、

みなさん、どうぞ、じゅうぶんに目を鍛え、目利きになって、

最愛の大島紬を手に入れてくださいね!

では、また。(旅)



 戻る      次へ