23 目糸のお話し

飛翔け!本場大島紬へ

今回は、経緯絣みたいに見える機械織りっていうのを、
お見せしましょう。
この黒線を「目糸」と言います。「めいと」と読みます。
絣糸のように見えますが、無地の糸です。
絣糸に見える理由は、緯糸が横切っているからです。
これは、7マルキ表示になります。
経糸の配列は、絣糸、地糸、地糸、地糸の1、3、1、3が
7マルキだということは、知ってますね?
「カタス式のお話し」を参照してください。
この絣糸のところに、目糸を置換すれば、良いわけです。
この目糸を遣うと、9マルキ表示のものも出来てしまいます。
つまり、絣糸、地糸、地糸の1、2、1、2の配列が9マルキなのですが、先ほどと同様に、絣糸のところに目糸を置換すれば、良いわけです。
ところで、そういう7マルキ表示や9マルキ表示されていても、「織絣」のハンコはちゃんと、つかれていますから、
ご安心を。
では、また。(旅)



旅さんの大島紬大研究へ

飛翔け、本場大島紬へ

目次へ

表紙へ