銘 天目割込
(本場大島紬 9マルキ 本割込み式 正藍・泥染)

旅さんにメール

忠剛さんは、こちら          菊姫さまは、こちら

この反物は、本場大島紬 9マルキ 本割込み式の大島です。
こういう小柄の、しかも割り込み式の大島紬は
今後、作られないか、もしくは技術的に作れなくなるのではないか?と考
え、旅さんが半年がかりで10反だけ作りました。
同じものをどこかが作らはったら、ありますやろけど、
まー、おんなじものは、どこにもないと思いますわ。
ま、ごらんのとおり、見た目は非常に渋い大島ですが、
何回も見てるうちに、その美しさに、はまってきます。(笑)
おんなのかたは、もちろんのこと、男性のかたにも、楽しんでいただける
着物やないかと思てます。

糸染めは、泥染めと正藍染めの併用で染めています。

「本割込み」については、HPを参考になさってください。
このあたりが、割込み式の参考ページです。

006 割込み式のお話し
041 割込み式詳述T
042 割込み式詳述U


こういうふうに、四隅に十の字絣、
そのなかに長絣(なががすり)を配置しています。
左端に見えるのは、反物の耳です。


大きさの比較をしてもらうために、なんかええもんないかと、探したのです
が、なかなか、ええもんなくて、思いつくまま、
台所から、つまようじを持ってきました。
どうも、ロクなものが、おまへんなぁ。(笑)
でも、この反物が持つ凄み、実感してくれはりますやろ?


もうちょっと、拡大してみましょう。
絣糸は最初に正藍で染め、そのあと、泥染めしてあるのが、よう、わかりま
すやろ?
これ、ひとが織らはりましたんでっせ。
まるで、神の領分のような仕事ですけどな。


この十の字絣のなかに、長絣(なががすり)という線みたいな
絣糸がありますね?
これがね、均等になってないのです。
旅さんの大島紬大研究の愛読者さんやったら、おわかりやと思いますけ
ど、この長絣を見ると、割込み式の絣配列やというのを、わかってくれはり
ますやろな?(笑)

と、前回は、書いたのですが、やはり、説明せんとアカンやろなと思い、
画像、作りました。
ちょっと、大きい画像ですけど、大きいほうが、わかりやすいし、きれいで
すわなぁ。(笑)
画像は、すこし明るくしています。
淡い藍色の絣糸、濃い藍色の地糸、淡い泥茶色の絣糸、濃い黒の地糸
などが織り重なって、とても、深い、とても複雑な色世界を創り出している
と思うのは、僕だけでしょうか?

さて、右のほうに縦書きの文字列、ありますね?
そして、左のほうに横書きの文字列、ありますね?
わかりますか?

まず、右の縦書きの文字列について、ご説明します。
縦書きは、経糸の絣糸と地糸の配列を書いています。
絣糸は白の文字で、地糸は赤い文字です。
左のほうから 経絣二、経地一、経絣一、経地二、経絣二、経地一、
経絣一、経地二、と書かれていますね。
この経絣(たてがすり)というのは、経糸(たていと)の絣糸(かすりいと)と
いう意味ですよ。
その後ろの二とか一は、糸が二本であるのか、一本であるのかを表して
います。
次に、横書きの文字列について、ご説明します。
下から緯絣二、緯地一、緯絣一、緯地一、緯絣二、緯地一、緯絣一、
緯地一、と書いていますね。
この緯絣(よこがすり)というのは、さきほどと同様に、緯糸(よこいと)の絣
糸(かすりいと)という意味であり、緯地(よこじ)というのは、
緯糸(よこいと)の地糸(じいと)という意味です。
うしろの数字の一や二は、糸の本数を表しています。

これはつまり、織り工さんが織られるとき、絣糸の杼(ひ)を右から左に、
左から右に一往復させて、次に地糸の杼を右から左に片道だけ投げ、次
に絣糸の杼を右から左に片道だけ投げ、次に地糸の杼を左から右に片
道だけ投げて、、、、、という、非常にややこしい織り方をするわけです。
それが、すなわち、割り込み式というものなのです。
とても、貴重なものなのですよ。
僕は本音を言いますと、貴重だとか希少性でモノの評価はしたくないの
ですが、この大島紬の割り込み式は、織っておられる現場を見ているだ
けに、ほんとに、なんというか、、、、、、
織り工さんの手わざに頭が下がるというか、、、、、、もっと踏み込んで
言うならば、神の領域で手を動かしておられるような気になって、、、、。
杼を投げ筬を打つ姿が祈りの姿にも見えてきて、、、、、
ただただ、「すごいなぁ!」という陳腐な言葉でしか、この天目割込という
大島紬を表現することしかできません。



この大島の生地巾は一尺三分(38.9cm)で、
耳を含まない巾は、九寸七分(36.7cm)です。
裄は一尺九寸(71.8cm)まで可能です。
また、湯通し後の長さは、三丈三尺八寸(12m78cm)です。
この丈で仕立てられる寸法は、袖丈一尺四寸で
身丈(肩山から)四尺五寸五分(172cm)の寸法にできます。
ちなみに、この身丈は、身長168cmのかたの仕立て寸法なのです。

身長168cmまでのかたなら、どなたでも着用可能です。









衿周りは、こういう感じになります。
似合われるかどうかの参考になれば、幸いです。
衿周りの接写画像です。


仕立てた場合の柄あわせの一例です。

反物にものさしを当て、かなり正確に柄合わせしました。
どうぞ、ご参考になさってください。

身巾の寸法は現在の標準寸法にしました。
衽巾四寸(約15cm),
前身巾六寸(約23cm)です。


   衽       前身頃       


うしろの柄合わせの一例です。
まんなかの線は、背縫いです。
背縫いを中心に、一尺巾の姿を写真に撮りました。

左うしろ身        背縫い     右うしろ身







9マルキの証明書
割込み絣特有の面白さが
長絣に出ています。



天目割込みの小宇宙、楽しんでください。



本場大島紬 経緯絣 9マルキ 本割込み式 正藍・泥染

「銘 天目割込」


お品代は、旅さんに直接、メールでお尋ねください(左クリッ
クしてください)
販売価格はメールでお知らせいたしますが、自動返信ではありませんの
で、すこし時間がかかるかもしれません。どうか、ご了承ください。また、販
売価格をお尋ねになったからといって、何度も勧誘を試みることはありませ
んので、ご安心ください。まー、一度ぐらいはお尋ねするかもしれません
が。(笑)

ご注文は、旅さん宛てにメールでお願いします
そのときに、詳しい手順や連絡先をお伝えします。
仕立てや裏地、その他の加工が必要なときは、別途お尋
ねください。

どうぞ、よろしくお願いします。(旅)



忠剛さんは、こちら          菊姫さまは、こちら


飛翔け!本場大島紬へ戻る

私たちの大島紬プロジェクトへ

目次へ

表紙へ

旅さんにメールを打たれるときは